建材の劣化を遅くする働きがある

建材の劣化を遅くする働きがある

建材の劣化を遅くする働きがある 住宅における外壁塗装の目的はというと、これは言うまでもなく建物の美観を保つことです。外壁は訪問者や近隣住民に対する住宅の「顔」の役割を果たしているので、美しくメイクアップされていれば住宅の印象をアップさせることができます。

しかし、外壁塗装の目的はこれだけではありません。もう1つ、住宅を保護するという大切な役目を持っています。木材や漆喰、コンクリートなどの外壁材は雨や風、紫外線などに長期間さらされていると徐々に劣化し、ひび割れやキズなどが生じます。これを放置しているとその割れ目から雨水がしみ込み、建材を腐食させたり内部に雨漏りを引き起こしたりといったトラブルの原因となります。

外壁塗装を行えば建材の上に塗料による保護膜が作られるので、こうした劣化の速度を遅くし、建物の寿命を長くすることができます。ただ、塗料自体にも寿命があるため、住宅を良好な状態に保ち続けるには定期的に塗り替えリフォームを行う必要があります。

外壁塗装は10年を目途に最施工を行うのがおすすめ

外壁塗装は10年を目途に最施工を行うのがおすすめ 外壁塗装は耐腐食や耐熱など素材の研究や技術の進化と共に寿命は年々増加する傾向にありますが、それでもおおよそ10年を目途に再施工を実施するのがおすすめです。外壁塗装は常に外気に晒され雨や湿気によって腐食が進むだけではなく、太陽光によって日焼けを起こします。景観的にも美観を損なうだけではなく、ひびが入りモルタル層を突き抜けて木材を使用した基礎部分まで到達して損傷すれば、内部まで腐食が進み壁が崩れたりする場合もあり早めの対処が必要で、これらの兆候が現れ始めるのが10年という歳月です。

しかし、それらを一般的に家主の方が目視で判断するのが困難なケースも多く、専門業者に依頼してX線などを駆使した非破壊検査を行って内部の様子を調査する方法もありますが、決して少なくないコストが発生します。従って変色などの異変を見つけた場合には、外壁塗装を担当した業者に相談し必要に応じて早めに施工を実施するのがおすすめです。

新着情報

◎2023/8/2

情報を更新しました。
>外壁塗装前の高圧洗浄が優れているポイントとは
>外壁塗装は美しさだけではなく健全性を保つのも役割
>塗り替えによる外壁塗装で選べるシリコン塗料が人気の理由
>外壁塗装はガラス繊維を活用することで品質が上がる
>外壁塗装を行う際には景観条例に当てはまっているエリアでないか確認しよう

◎2021/12/8

情報を更新しました。
>外壁塗装の施工では当然ながら天候に左右されます
>外壁塗装の時に出てくる機能性塗料とはどのようなものか
>補助金が使えるリフォームと外壁塗装に注目
>外壁塗装を依頼するならばその塗り方を知っておこう
>外壁塗装で最初に塗布する下地材は塗装品質に左右するもの

◎2021/4/5

建材の劣化を遅くする働きがある
の情報を更新しました。

◎2020/12/4

定期的な外壁塗装を
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

定期的に行う必要がある理由
の情報を更新しました。

◎2020/4/14

工事期間や費用を抑えるために
の情報を更新しました。

◎2019/2/7

外壁塗装を行う目的とは
の情報を更新しました。

◎2018/10/10

外壁塗装は雨漏りを防ぐ
の情報を更新しました。

◎2018/6/1

外壁塗装によるアレルギー
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

外壁塗装に使うペンキについて
の情報を更新しました。

◎2017/11/9

外壁塗装に使うスプレー
の情報を更新しました。

◎2017/10/6

サイトを公開しました

「塗装 施工」
に関連するツイート
Twitter