外壁塗装に関する情報が満載です!

当サイトでは、外壁塗装に関する全般について、判り易く紹介していきます。外壁塗装は、建物の外観を美しく保つために決して怠れない重要な案件です。立地の条件次第では、築年数の割に汚れや傷が目立つ場合もあります。そのために外壁を塗装することになりますが、さまざまなことが気にかかるもの。塗装にかかる期間、予算のこと、使用されるスプレーやペンキについて、気になることはたくさんあります。小さなことから大きなことまで、説明していきます。

外壁塗装にかかる工事期間について

外壁塗装にかかる工事期間について 建物が自宅であれマンションであれ、外観の汚れはあまり好印象を持たれない結果になってしまいがちです。
自分だけの問題ですめば良いですが、周囲との関係や商売にも影響を及ぼしかねません。しかし、そのために外壁塗装という方法があります。
塗装が終了すれば、見違えるような姿になるのは、新たな命が吹き込まれたようにも感じられます。
建物だけでなく、そこに住む住人の心にも影響を与えます。しかし、外壁塗装は、周囲の住居環境にとってある程度のストレスを強いるものになります。
出来ればその期間は短い方がよいのは当たり前。ですが、丁寧な仕事を望むのなら、それもまた考え物です。例え時間がかかっても、大切に仕上げられた方が結果としてはよいものになります。
目先の話に釣られてはいけません。比較し、検討してこそよい結果が得られるのです。

外壁塗装は一週間から半月かかる

外壁塗装は一週間から半月かかる 外壁塗装工事を行ったら、時期や天候、場所によって工事期間が異なってきます。
一般的な平均では、外壁塗装は2週間ほどの工事だとされていますから、1週間から半月まで幅があります。
工事期間に幅がある理由は、外壁塗装を行うときに使用する塗料に関係があります。
外壁を美しく保つために塗料を使用しますが、その塗料は上塗りと中塗り、下塗りの三度塗りが基本になっています。
重ね塗りをすることによって耐久性を高めて、仕上がりを美しくすることができます。
ただ塗料を塗るとき、下塗りの後に中塗り、中塗りの後に上塗りを行いますが、それぞれしっかり乾燥させてからでないと剥がれてしまうことがあります。
しかし乾燥させる時間が、季節や天候によって変動しやすいので、工事期間が通常よりも長く伸びることがあります。
塗料は氷点下を下回る気温になったり、湿気を多く含む梅雨や台風の時期になると、乾きにくくなってしまいます。
晴れの日であれば1日で乾く塗料が、雨の日が続くと満足できるほど乾燥するまで3日ほどかかることがあります。
そのため、同じ作業であっても、1週間で終わる場合もあれば、工事が終わるまで半月という長い時間がかかることがあります。
計画的に早く外壁塗装工事を終わらせたいときは、雨があまりふらず、空気が乾燥している時期を選ぶと良いでしょう。

外壁塗装の施工では当然ながら天候に左右されます

外壁塗装をリフォームとして施工会社へと依頼をする際には、契約書を交わす際には大体の施工日数を教えてもらえます。多くのケースで5日から6日もあれば完了する施工内容ですが、外壁塗装の場合では全てが屋外作業になることから、天候によって施工日数は変動してしまいます。通常は足場の設置後に足場の外側に対してシートを張る作業を行いますが、外壁部分は雨降りの日には当然ながら濡れてしまうものなので作業をストップすることは必要とされます。下塗り剤を含めて塗料は油性を使いますが、雨が降っていると油性塗料を弾いてしまうことがあるために、作業をそのまま継続することは不可能です。天候に関しては外壁塗装の施工会社でも気にいている部分になり、該当エリアの天気予報を確認しながらの作業になります。従って最初に提示された施工日数においては天気の良い日程での期間になることから、雨降りが続いてしまった場合では仕方のないものと判断することは必須です。

外壁塗装の時に出てくる機能性塗料とはどのようなものか

塗装をお願いする場合には、その種類を理解しておいた方が良いかもしれません。外壁塗装の塗料の種類を見ていくと、基本的に高機能性塗料と言われるものを紹介されることがあります。俺は名前の通り、機能面が非常に高く料金もその分高くなっているものです。その金額を見ると、通常の塗料を使う場合の1.5倍位するかもしれません。業者に言われるがまま、これを選択する人もいますがその前に基礎知識としてなぜこの塗料を必要とするのかを知っておきましょう。 基本的に、外壁塗装で使われる機能性の高い塗料は長期間劣化しないことで有名です。つまり、次に塗装するまでのスパンが長くなるわけです。どのようなメリットがあるかと言えば、大きなビルやマンションなどで利用する場合にメリットがあります。大きいビルやマンションは、足場の設置だけで数百万円かかってしまいかなり大きな出費になってしまう事は間違いないところです。そこで、塗装する期間を長くすることにより無駄な足場の費用を省くことができるわけです。それ以外にも、汚れにくいものや断熱性の高いものなどが存在しています。

補助金が使えるリフォームと外壁塗装に注目

住宅関連のリフォームを考えていく際に、いろんな支援が用意されていることも多くあるため、注目することはとても重要になります。エコに貢献できる設備を取り入れたり、使うものにこだわっていくなど、補助金を使うことができる可能性があります。住宅関連のサービス情報をチェックする際に、しっかりと調べていくことはとても大事なことなので、事前の情報収集をおすすめします。外壁塗装も使う材料が地球環境に優しいなど、使うものによっては、エコに貢献できることで補助金が使える可能性があります。住んでいる街の制度に注目するなど、外壁塗装前にどうすると費用を抑えることにつながるのかを調べていくことは必要です。きちんと調べた結果、安心感を持ってリフォームを進めていけるようになる方もたくさんいます。外壁塗装は建物を長持ちさせるために重要になるため、安心できる方法を選択することができるようにしっかりと準備を進めていくことをおすすめします。

外壁塗装を依頼するならばその塗り方を知っておこう

建物の外壁塗装は定期的に行っておく必要がありますが、この場合細かいことを知らなくて良いもののおおよそ知っておいた方が良いこともあります。それは、外壁塗装の塗り方です。なぜそれを知っておいた方が良いかと言えば、どれぐらいの費用がそこにかかっているかを知ることができるからです。漠然に見積もりをして金額を提示されるだけだとかなり高く感じてしまうかもしれません。しかし外壁塗装が1,000,000円前後のお金を必要とするのは、塗り方にあるといっても言い過ぎではありません。 具体的な内容を見ていくと、まず3種類の方法で塗料を塗っていきます。1つ目は、下塗りと呼ばれるもので、これは次に塗る塗料がうまく塗れるように接着剤のような役割を果たしているわけです。これがなければ、うまくきれいにぬることができないでしょう。次に、中塗りと呼ばれる方法がありますがこれは2回目に塗装をする方法です。これにより、住宅の外観が概ね決まるといっても言い過ぎではありません。通常下塗りと中塗りでは、違う塗料を使っています。そして最後は、上塗りと呼ばれるもので、これが最終段階の仕上げと言っても良いわけです。このように、数日かけて3回の塗装を行うことで、住宅が完成していきます。

外壁塗装で最初に塗布する下地材は塗装品質に左右するもの

外壁塗装は、塗装する前に下地調整と呼び工程が行われることになります。下地調整は塗装面をきれいにすることや補修が必要な個所を改善することなどで、高圧洗浄機を使い汚れを取り除く金属部分のさびをきれいに取り除いて錆止め材を塗布する、コーキングは?れているある場所は打ち直しをするなど塗装前にしっかり行うことが外壁塗装の品質に良い影響を与えてくれます。 これに加えて、外壁塗装は3~4回の重ね塗りをすることで外壁に塗料の膜でもある塗膜を形成させることができるようになるわけです。最初に塗るのは下地材と呼ばれるもので、外壁表面と2番目に塗る塗料の接着剤の役割を持つものです。この下地材をしっかり外壁に定着させることができるか否かを決めるのも下地調整あり、両者を丁寧に行うか否かで塗装の品質は変わります。仮に、下地調整を適当に行うと重ね塗りをした塗料はひび割れや?がれ落ちるなどのリスクもありますので、外壁塗装はこれらの作業を丁寧に行う会社に依頼することをおすすめします。

外壁塗装前の高圧洗浄が優れているポイントとは

外壁塗装の前には高圧洗浄をするのが主流ですが、優れているのはどういった点でしょうか。高圧洗浄は高圧の水流を使う方法で、水圧でホコリや汚れを落とすやり方です。
洗剤を使わないので、洗い流す手間がなく、流れ出る洗剤について気にせずに済みます。外壁塗装は使う水の量が多いので、洗剤を用いるとなれば洗剤の量もかなりのものとなります。
当然ながら環境に少なからず影響がありますから、使用する成分などに気を付ける必要があります。水のみの洗浄方法は、成分を気にせずにいくらでも使うことが可能です。
実際にはコストの問題があるので、無制限に使えるわけではないですが、洗い流す工程が省けるメリットが大きいのは確かです。
洗浄後は乾燥させるだけで済みますし、すぐに外壁の補修や下地作りに入ることができます。外壁塗装は下地が肝心ですが、洗剤成分が残らない方法なら、塗料が密着せず塗膜が浮いてしまうリスクが回避できるのではないでしょうか。

外壁塗装は美しさだけではなく健全性を保つのも役割

外壁塗装を行うのは見た目の審美性だけではなく、健全性を保つのも重要な役割です。外壁を長年にわたり放置しておけば表面が劣化し、カビの発生が促されてしまうほか、水分が木やコンクリートに浸水して腐らせてしまい、最悪の場合は倒壊の恐れもあります。
そこで耐用年数を経過する前に外壁塗装をしっかりを行っておけば、これらの事象の発生を防いで健全性を保ち続けることが可能です。
表面が塗料でコーティングされるので木やコンクリートの腐食を抑え、水分を弾いてくれるのでカビの原因を根本から排除できます。
昨今では高分子ポリマーなどを配合した塗料も登場しており、より高い耐水性や耐腐食性を持たせることも可能となりました。
また、耐候性のある塗料なら、日焼けによる色あせや劣化も防ぐことができ、より長持ちするのも嬉しいところです。
このように外壁塗装には審美性だけに留まらない数々の効能があり、おおよその耐用年数と言われている10年前後を目途に更新するのがおすすめです。

塗り替えによる外壁塗装で選べるシリコン塗料が人気の理由

劣化を起こしている外壁に対して、塗り替えリフォームで外壁塗装を行うタイミングがありますが、この作業では塗料の種類と色を自由に選べるので耐久性を上げながらもイメージチェンジもできるメリットがあります。
外壁塗装で採用される塗料の中でも人気の品質にはシリコン塗料があり、現在では最も人気が高いとされています。
この理由は安価なウレタンでは耐久性が約6年程度になることに対して、シリコンの場合は8年から10年以上持たせられること、更に中程度の料金になることからバランスの良さが人気の理由になります。
この素材は汚れを寄せ付けにくくできる機能性や、紫外線による劣化が少ないこと、耐水性が抜群になるなど逆にデメリットに感じるようなことはありません。
更に塗料メーカー各社も力を入れていることにより、同じ素材であってもカラーバリエーションが多いことや品質に機能性を持たせているタイプから選べるなど選択肢の範囲が非常に広いこともメリットではないでしょうか。

外壁塗装はガラス繊維を活用することで品質が上がる

外壁を塗り直しても短期間で塗料が剥がれてしまい、見た目が悪くなったり雨漏りが発生する際には、ガラス繊維を混ぜ合わせた塗料を活用して外壁塗装を行ってください。
グラスファイバー塗料と呼ばれることも多く、石英ガラスを溶解したものを塗料に加工しています。常温でも問題なく塗装を行えて、外壁や内壁のコーティングを目的に使われることが多いのが特徴です。
雨水にも強いために雨漏りを防止する効果もあり、基礎部分の老朽化を防ぎたい時にも役立ちます。半永久的に不燃性が持続するので、火災が発生した際の延焼を防止する目的で使用することも珍しくありません。
ガラス繊維を含むことで透明感が出て、ツヤが美しい質感に仕上がるのも魅力です。弾力があるために塗料のひび割れを防ぐ効果も期待されており、外壁の見た目が悪くなるのも防げます。
タイルや石材など塗装する部位の素材を問わずに使いやすくて、人体にも優しい外壁塗装の塗料としても注目を集めています。

外壁塗装を行う際には景観条例に当てはまっているエリアでないか確認しよう

外壁塗装を行うことで、家を新築のように美しく、今までと違った雰囲気にすることができます。使用する塗料の種類は豊富で、カラーバリエーションも多いですから、基本的には好きなものを選べます。
ただ住んでいるエリアによっては、自治体が定めた景観条例に反することをしてはいけないとなっているので、外壁塗装を行う前に該当していないかを確認することが必要です。
景観条例は、良好な都市景観を形成することを目的にして自治体が定めているものですが、歴史ある街並みなどを守るために制定されています。
全国都道府県の色んなエリアで条例が整えられていますから、今まで知らなくても実は該当していたということもありえます。
該当エリアになっている場合は、景観を乱すような奇抜な色を使うことはできなくなるので、制約が出てくることになります。
後から気づいても塗り替えを余儀なくされますから、必ず事前に確認しておくようにすれば、安心して外壁塗装ができます。

外壁塗装関連情報

大田区で選ばれている外壁塗装業者です。

外壁塗装 大田区

新着情報

◎2023/8/2

情報を更新しました。
>外壁塗装前の高圧洗浄が優れているポイントとは
>外壁塗装は美しさだけではなく健全性を保つのも役割
>塗り替えによる外壁塗装で選べるシリコン塗料が人気の理由
>外壁塗装はガラス繊維を活用することで品質が上がる
>外壁塗装を行う際には景観条例に当てはまっているエリアでないか確認しよう

◎2021/12/8

情報を更新しました。
>外壁塗装の施工では当然ながら天候に左右されます
>外壁塗装の時に出てくる機能性塗料とはどのようなものか
>補助金が使えるリフォームと外壁塗装に注目
>外壁塗装を依頼するならばその塗り方を知っておこう
>外壁塗装で最初に塗布する下地材は塗装品質に左右するもの

◎2021/4/5

建材の劣化を遅くする働きがある
の情報を更新しました。

◎2020/12/4

定期的な外壁塗装を
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

定期的に行う必要がある理由
の情報を更新しました。

◎2020/4/14

工事期間や費用を抑えるために
の情報を更新しました。

◎2019/2/7

外壁塗装を行う目的とは
の情報を更新しました。

◎2018/10/10

外壁塗装は雨漏りを防ぐ
の情報を更新しました。

◎2018/6/1

外壁塗装によるアレルギー
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

外壁塗装に使うペンキについて
の情報を更新しました。

◎2017/11/9

外壁塗装に使うスプレー
の情報を更新しました。

◎2017/10/6

サイトを公開しました

「塗装 期間」
に関連するツイート
Twitter

昨日で6連勤終わって土日連休だぁ〜と思ったけど、親戚が遊びに来るのと家の外壁の塗装工事が共に2日間入っていてゆっくりできるかわからない状況、、、どうせだし、シンフォニーホール行って来ようかしら笑 明日でラプピアノ設置期間が終わりだから前回ボロボロだったからリベンジしたい!笑

そうそう、足尾の保存車(70番)は再塗装されています。 保存期間も長期で、少しずつ形態が変わっているのでご注意を。 最初は運転台側にホロも無かったんですよね〜。

返信先:ありがとうございます😭 製作期間中に海外旅行を挟んだのは日程ミスでしたね。 間に合うと思ったんですが、初めて裏塗り塗装を先行したら接着面に表れたのは計算外でした。 アレが無ければ間に合っていたのですが。_| ̄|○ 明日はちょっと気分転換を兼ねて筆塗り塗装の勉強会に行って来ます。

まあ金型から作る必要があるケースと、既存製品の塗装変更では検討するべきことも大きく違うだろうけど。 これが分かれば、期間限定のラッピングの終了から起算して、どれくらい待てば製品化なしと判断できる材料になるのではと思うが、完全に「旬」を逃すんだよなあw

それか、これ持って行って、洗剤の事は言わず、こうゆう病気になってしまったので、今後外壁塗装とかする事がありましたら、期間事前に教えてくれると助かります…って言ってこれと一緒に渡すとか…🤔でこの一角全員に配ってますよって感じで紙袋に何本かもって周辺にも配る